スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年11月08日 (土) | 編集 |
☆はにゅう君・・・


もう、やだ・・・
 
心臓やぶれるかと思う





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私は口から飛び出るかと思いました。
2014/11/08(土) 23:42:37 | URL | Kae #-[ 編集]
怖かった💦
すごく怖かったです。
脳震盪ってすぐ後より、しばらく時間がたってからの方がひどいんでしょ?
気になるからテレビはつけてたけど、ちゃんと観られませんでした。

無事に演技が終わってホっとしました。二人に何事もない事を祈ります。


ちゃんと周りの大人が止めるべきだったと思います。
2014/11/09(日) 00:08:15 | URL | 月月粉 #-[ 編集]
> Kaeさん

ほんとにね、もう、わけわかんない・・・(;へ:)
2014/11/09(日) 01:34:35 | URL | ゆゆ #-[ 編集]
> 月月粉さん
 
棄権したと思ったハンヤンくんが
突然リンクに現れて演技を始めたのも
すごくビックリした・・・怖すぎる・・・_:(´ཀ`」 ∠):_




2014/11/09(日) 01:40:51 | URL | ゆゆ #-[ 編集]
なんかね
つらいね

周囲のおとながなんとかしないとね
嫌われても憎まれてもね

選手はそりゃ滑るって言うさ
特に彼はね
いろんなものを背負い込んでるもの
だからね

周りのおとながはずしてあげてよ
ちょっとづつね

嫌われても憎まれてもね
そんな覚悟のあるおとなにね
めぐり逢って欲しいね

なんかね
つらいんだよね
とってもね
2014/11/09(日) 17:34:57 | URL | のーま #-[ 編集]
羽生くんは鋼の心臓の持ち主だと思っています。
そういう人の心の内って、常人とは何か違う造りになっていて、常人の常識を外れた基準で動いているのかな、と。

常識なら棄権すべきだったのでしょうけどね、常識外れな人に「普通のこと」を求めても無理なのではないでしょうか…。
2014/11/09(日) 21:45:09 | URL | かえで #-[ 編集]
> のーま さん

うん・・・


こうなってしまった以上は
今は、精密検査で何事もないことを
いのるだけです・・
2014/11/09(日) 21:51:40 | URL | ゆゆ #-[ 編集]
> かえでさん

完全に違う基準だと思います。
彼がよく口にする「命削って~」は
彼にとっては比喩ではないし
「これからの選手生命を考えて云々」という
意見も彼にとっては意味をなさない。
「今」にすべてを懸けることが
彼にとって意味のあること、生きているということ

なんだろうなあ、と
わかっているけど
心臓痛いっす・・・( ;∀;)

2014/11/09(日) 22:11:52 | URL | ゆゆ #-[ 編集]
私は感動しました
横たわっている羽生君の額から血が流れ落ちた時、息をのみ
泣いてる羽生君を見て棄権か、と痛ましく思い
リンクに飛び出して行っちゃった姿に愕然とし
後はもう、この子はやる気だ
もう止まらない
と腹をくぐって応援し続けました

こういうシツエーションの時は
ただがむしゃらに滑るだけだった子が
今回は表情をつくり、
ポーズの美しさに気を配り
冷静にジャンプの難易度もさげ
アドリブでスピンの構成もさげてきた

そしてハンヤンとぶつかった時に飛ぼうとしていた3Fを恐れることなく飛び
成功させてた

最後は可愛い笑顔

凄いと思ったし成長を感じた
倒れた姿も血をながした姿も演技もなにもかも美しくて
奇跡の瞬間だと思った

この子はこれから、いくつも伝説をうみだしていくのだろう
そういう運命の人なんだろうと思いました

自分語りでごめんなさい

とにかく,ちょっとは大人しくしてろー
といいたい
2014/11/12(水) 19:24:14 | URL | ココア #-[ 編集]
> ココアさん
 こんにちは~☆

滑り終えた時、

うん、これから一生応援する

と思ってしまいました。
いや、今までも普通に応援してたんですけど∪・ω・∪
いろんな意味で心にガツンとくるなあ

そして、ちょっとは大人しく・・・
するとは思えないなあって
みーんな思ってる・・・(´▽`;)



2014/11/14(金) 15:42:35 | URL | ゆゆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。